2017年06月26日

とりあえず、清子のアニメーション最後のシーンを描く

kiyoko_t.jpg
とりあえず、清子が出てくるアニメーションは、これが最後になり、あと120枚も描けば終わりです。
これが終わったら、とりあえず、CGの出来ていない部分をモデリングして、背景を作り、今まで撮影したものと合わせて組んでいく編集作業を行います。
ここまでは、意地でも6月中に終わらせようとしていましたが、なんとか終わりそうな雰囲気・・
6月には、永瀬清子の肉声のデジタル変換と、いくらかの背景、色乗せを行う予定で、これは絶対に行わなければなりません。
とりあえず、休日も無く、休憩時間もあまりないですが、なんとか持ちこたえて、作業を終わらせる予定。

kiyoko_n.jpg
ちなみに、グレンデルが出てくるアニメーションを予定していますが、それは、音楽制作にとりあえず出したのちに、その間描く予定にしております。

posted by 超画伯 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年06月17日

長島インタビューおよび撮影

PK1N5934.jpg
14日から長島に入っての取材と撮影でした。
その日は、翌日の朝日が昇る場所を探しての移動、あと時間的に追われている仕事を、宿泊先で行いました。
写真に関しては14日15日ともに夕方しか撮影できる時間が無いため、その時間帯に撮影したものです。
島を回ったのは前回を含めて2回目(正確には過去を含めれば何度かある)ですが、海を回ると印象的な壊れた桟橋がところどころにあります。
これらは、長島の歴史と深く関係があるものなので残っていますが、説明が長くなるため、ここでは割愛します。

SDQH0480.jpg
それとは関係がなく、海や自然は美しい島です。

SDQH0477.jpg
船を引き上げるものみたいですが、何でしょうか?


つづき
posted by 超画伯 at 00:52| Comment(3) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年06月12日

片づけと準備

SDQH0436.jpg
一つ一つやるべきことを終わらせていく日々
今日は過去イベントの後片付け
これから、長島撮影の準備のため、外出・・
長島では、日の出前から撮影を行うため宿泊。
多忙であり、色々と繋がりませんので、よろしくお願いいたします。

posted by 超画伯 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年06月10日

国際的文化イベントに対する疑問

たぶんグローバリズムは終焉して、また復活を繰り返すのでしょうが、これは歴史的に見ても順路といいますか、グローバリズム→ローカリズム→グローバリズムの流れを人類は繰り返しているように思えます。

この世に溢れる情報は、現在のところ、グローバル資本主義に都合の良い情報がまだ優勢というか多いというのが実感としてはあります。
彼等には、お金があるのだから、このグローバル化に都合の良いイメージが優先されるのは当然のことでしょう。

今まで見てきた実感として、国際的な文化イベントというものに集まるイメージというのは、そのままグローバル化に都合の良いイメージが多いのではないか?と思えます。
一見ローカリズム寄りのようでも、グローバリズムを利するものであったりで、自称左翼主義者とかには、このタイプは多く、日本の場合は自称保守主義者がグローバリストであったりで、ほとんどの場合は日本人には向かないこの考えに染まっていたりとか。
世界中のメディアがそれをスポンサーの意向で垂れ流すのだから、多くがそれに洗脳されるのは、当然といえば当然のように思えます。
もちろん、それに反するものも、天然で存在したり、分かっていて、主催者に分からないようにイメージを忍ばせていたりするケースもあるかとは思います。

古風なのか、新しい時代のものなのかは、ローカリズムの時代に近いのか、グローバリズムの時代に近いのかで異なってくるように思えますが、自分流に古風に言いますと、クリエイターというか、アーティストというのは平坦になりつつある世の中にノイズを起こす存在なのではないかと思っています。※只の目立ちたがり屋ではなく
現代で言うところのグローバル化というのは、世界を平坦にする作業というか、平均化させるという事実が存在するわけですが、ノイズを起こすはずの存在が、世界を平均化させる存在にとって代わられる、あるいは、そのように合わせる行為をしてきたのが、ぼくが生まれてから見てきた世界なのだと思ったりします。

平均化は、ある程度の平等をある段階まではもたらすかもしれませんが、個を破壊してならす行為でもあって、今の問題は後者寄りのように見ています。

良い事がもしあるとすれば、それは反作用が上手く働くかどうかなんでしょうか・・
posted by 超画伯 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月09日

壊したカメラが帰ってきた

写真日記なんだけど、写真はありません・・
カメラが壊れたのは落としたからであります・・どんくさくなったものです。
最近、座りっぱなしで作業しているので、本来は一時間ぐらいは歩くべきなのでしょう・・それも、最近は体力を無駄に食ってしまい眠くなってしまうので、ひたすら作業をしています。
しかしながら、やはりと言いますか、ブクブクと太りますし、ストレスで日記も増えてしまうわけです。
どうこう言いながら壊れたカメラは家に何個か転がっています。
これを直せばよかったのでしょうが、デジタルの印象的なサービス期間の短さを思うと買い替えというか買い足しになってしまっていたのが現状です。実際は以前からサービスの保証期間は長くなかったのですが、10年という歳月があまりにも早く感じるようになってしまったことも大きな要因です。

つづき
posted by 超画伯 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集