2017年04月14日

動画の動きもテストしてみる

名称未設定-1 (1).jpg
とりあえず、動かさないとはじまらないので、動くように何枚も描かないとな・・
ひたすら描くべし

posted by 超画伯 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年04月10日

”きよこのくら”キャラクターデザイン

清子少女ポーズキャラ01_03_.jpg
とりあえず、小〜中学生ぐらいの永瀬清子のキャラクターを描かなければならないのですが、こういったタイプの絵を描いてきていないため、けっこう苦労します。
絵柄としても定着させないといけませんし、けっこう大変です。
少し大人びていますね・・もう少し子供感出すためにはどうしたものか・・
なぜ今キャラデザインかと申しますと、最初のうちに素材を撮影しておくということから始めたため、それ以外が後回しになっていたからです。
そもそも、制作決定から制作開始まで、1週間も無かったため、時間もなく、やることは一気にやらなければならなかったのです。

清子少女ポーズキャラ02_03.jpg
一応大正時代ぐらいの服装を参考にデザインしているのですが、履いているものが何なのか分かりません・・
普通に靴を履いている人も多かったみたいですが、資料の中の小学生時代はゾウリに見えましたので、それを採用しています。
あと、地域とかで服装差とかあった時代ではないかと想像しますので、何種類かの組み合わせでこうなっています。
とりあえず、動画も描かなければならないので、素早く作業を決定していく必要がありそうです。

posted by 超画伯 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年04月08日

マメルリハ 少々障害有り

Photo taken on 2017-04-07 14-55-32.jpg
菫子:スミレコ(マメルリハ)♀ 38g 誕生日:2016年12月12日付近
難のあるマメルリハ メスをお迎えしました。
オキナインコのオクラもそうですが、難がある仔をほおっておけず、思わずお迎え・・見ての通り毛引きもあり、身体的に難があります。というのも、脚力が非常に弱く、上手に歩くことができません・・
あと、便が軟便であり、餌を改善する必要がありそうでした。
体重は、マメルリハとしては、まずまずで、痩せているわけではなさそうです。

Photo taken on 2017-04-07 14-55-51.jpg
止まり木に上手くとまれないため、腹部を擦り、かさぶたが出来ています。
あと、糞が付くため不潔になりやすい状況です。
毛引きもありますね・・一応ぼくが面倒をみている鳥の毛引き率は0なんですが、この仔も上手くいけば良いのですが・・
止まり木にはとまれないとの事でしたが、普通のツルツルの止まり木だと、確かにとまれないのですが、自然木だと滑らないため大丈夫な事がわかりました。
これで、清潔なポジションが保てそうです。

Photo taken on 2017-04-07 15-00-39 (2).jpg
頭も少々剥げていますね・・

つづき
posted by 超画伯 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2017年04月05日

蔵解体5日目

Video at sector 1351680.m4v.Still001.jpg
今日は、ついに永瀬清子生家の蔵が完全に解体される日になりました。
そこまでは撮影できたのですが、帰宅後問題発生・・
今まで、SDカードのクラッシュの経験は何度かあるのですが、PC転送中にクラッシュするという初のトラブルに見舞われました・・メインのカメラの動画なので、これを復旧しないことにはどうにもなりません・・
クラッシュしたのは、比較的信頼性が高そうなSanDisk UltraのSDカードです。
転送途中で、このSDカードはフォーマットする必要があります。との警告が発生したので冷やりとしました・・

Video at sector 1351680.m4v.Still002.jpg
しかしながら、夜の23時まで粘って、なんとか復元に成功・・
フォルダーにはRecoveredの文字が刻まれています。
最後のシーンだけに、何とかなって良かったです・・

posted by 超画伯 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年04月04日

蔵解体4日目

DSC00707.JPG
永瀬清子生家の蔵ですが、かなり解体された状態になりました。
動画の簡素なまとめも時間がかかるので、けっこう寝不足でしんどくなってきました。

DSC00689.JPG
重機もあるのですが、今回解体されてる方々は、仕事が丁寧で、周りに損害が出ないよう、主に手作業による解体を行っているとのことでした。


DSC00688.JPG
皆さん、泥まみれです。見ごたえがあります。



つづき
posted by 超画伯 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
リンク集