2017年02月06日

手根管症候群

01.jpg
日々のコマ撮りのような連続した作業で、手首から先が痛みでうまく動かなくなってしまいましたので、病院に行ったのですが、「手根管症候群」とのことです。+両足膝が炎症っぽいですね・・椅子から立ち上がるのが困難です。

病因

多くは特発性であるが以下の関連は指摘されている。
職業性
アメリカ労働省職業安全衛生管理局(OSHA)による調査にて、反復作業労働に生じることが多いという報告がなされている。”

手根管症候群の主な症状は

指先や親指側の手がしびれる、または感覚がない。
夜中や明け方に、目が覚めるほどの手のしびれや痛みが起きる。
手がしびれてペンや箸が持てない、ペットボトルが開けられない。

まんまですね・・車のハンドル回すのも大変です。
しかし、無理やり動かして温めると動きますが、これは良くないようです。仕方なく動かしましたが・・

手首の痛みから、この2日ほど手を休めていたのですが、これといった改善も無いので、残った重労働を永瀬清子の蔵で・・これは最後まで出来ました。
ですが、その残りがわずかながらも限界で、もうこれは病院に行くしかないだろうということで行きました。
とりあえず、ここまでで、最初の重い作業(チェーンソー等を使用)の連続作業は一旦休止で、ここから1か月は塗料を使った軽めの作業・・明日からはそれなので様子を見ながら作業の継続です。
その後は、これまでで最大の重労働になりますが、なんとかなるでしょう。
タイピングは、かなりしんどいですね・・
あと、足の膝関節も炎症・・立ち上がるのが大変ですね・・

とりあえず、アニメーションの作業ですが、小さな絵を描く作業とは違いますし、同じような動作の反復なので、ある意味計算内の事です。例えば、200ショットであれば、200回脚立を出して上って作業、それを写らないところにしまって撮影。文字通りの反復作業なので致し方ありません。
ここで重要なことは、仕事に変化を出すことでしょう。この症状によって今は出来ないハードワークですが、軽めの仕事を考えることになるのは、ある意味変化が出て、作品そのものにも良い影響があるかもしれませんね。

posted by 超画伯 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年02月02日

「きよこのくら」予告


きよこのくら予告 from Tomomichi Nakamura on Vimeo.


現在制作中の映像作品の予告となります。

2017年2月現在、映像作家、中村智道によって、詩人「永瀬清子」の蔵での制作が行われています。
作品名は「きよこのくら」で、実写、アニメーション、ドキュメンタリーが一体化した実験的な映像作品として完成する予定になっています。
制作:永瀬清子生家保存会  監督、撮影、アニメーション、編集、美術:中村智道 プロデューサー:月影詩歩 音楽監督:坂本弘道   声の出演(永瀬清子の詩を朗読):二階堂和美 他


PK_19666.jpg

posted by 超画伯 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連
リンク集