2016年07月13日

安価な中華タブレット StarQ Pad W01J を買ってみた

R0014409.JPG
現在、千葉でして、アンドロイドだけでは心もとないのと、ちょっとした仕事もできないので、中華タブレットのStar Q pad W01Jとかいうのを1万円以下で購入しました。
ためしなんですが、この記事も、このタブレットで書いたりしています。
最初の感想を言いますと、値段の割にスペックと、液晶の画質がけっこう良いということです。他にはインテルのモバイル用クアッドコアCPU Atom Z3735Gを搭載していることなどなんですが、メモリーが1ギガでストレージが32ギガというのは、ぼくにはつらいところではあります。それでも、昔映像編集に使っていた、Dell の XPS Gen3なんかと比べると、以外にサクサク動く感じです。さすがにクアッドコアというか、新しいだけのことはあるのでしょう。ちなみに、ぼくのDellは、今でもWindows10で現役選手。。唯一の32bitPCとして重宝しております。
このタブレットは、初期状態はWindows8.1なんですが、10にアップグレードしました。一応近日中のメジャーアップデートでは、2ギガのメモリーが必要との話もあるのですが、まぁ、知ったことかという感じです。最初からこれよりスペックの低いWindows10タブレットもあるというのにどうするんでしょうね?

R0014414.JPG
一応、キーボードも購入しました。持ち運び用のカバーでもあります。
今、特に不便なのは、マウスがないことですね。。USB差し込み口は一つしかないので、分岐するか、無線のマウスでも購入することでしょうか。。色々使いたいので、とりあえず分岐して色々付けてみることにします。電源の確保も必要でしょうね。。

つづき
posted by 超画伯 at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
リンク集