2018年09月20日

何をもって自閉症なんでしょう?

ファントム02.jpg

ぼくは、自閉症という診断を病院での何度かのテストの結果受けているのですが、いったい何をもって自閉症となるのでしょう?
物事の関心が、世間一般と大きく離れていることも、学習力が著しく低いことも理解はしていますが、自分から見た世界というのは自分という存在があって、ごくありふれた風景が周囲にあるという印象で、特別に違うものが見えているわけではないという感じで見ています。
ただ、人と接するのにエネルギーが随分と必要だということは、体調を崩してからは感じていることで、結局のところ内向的で自分の中に籠っているという意味ではそうなのか?とも感じます。

他人を見て少し不思議に思うことですが、他者は、自分の考えというものを理解しているのでしょうか?という疑問がわくことがあります。
自分の考えとは何なのでしょう?
ぼくには分からないことです。
けっこう多くの人が「これはこうだ」とか「これはこうあるべき」とか言っていることに違和感を感じるのですが、けっこう決まりきった世の中を見ていることは分かります。
強く断定されると。「そうなのか?」とも思うわけですが、しばらく時間が経過すると、「いや、違うかもしれない」とか疑問がわいてきます。
もしかしたら、この世の中が変だと思ってはいけないのかもしれません。歪みの部分は、ぼく自身の問題でしかないのかもしれません。
なぜなら、多くの人は、ある種の断定形の言葉を理解しています。それを集団で受け入れて共有することで、コミュニティーを維持しているのだという感じをうけます。

ぼくは、基本的に物を作るとき、その意味を言葉では理解していません。「???」を具現化しているだけのことです。基本、資料すら見ていないので、「○○に関心がある?」とか「○○を見た?」と言われても、ほぼ該当しません。
多くの人は、部分的な要素を既存のものと照らし合わせて、それを一致させることで、心の平穏を保っているように思われます。シンプルにグループ分けすることが、心の平穏を保つコツのようです。
しかしながら、ぼくのパートナーとなる人は理解することですが、ぼくは、ほとんど人の創作を見ないということ・・
多くの人は、単純に、ぼくや他者が見ている現実の世界の類似性の部分を見て、ある人の創作との類似性を見出そうとしている感じを受けます。

ぼくは、創作の社会の中ですら内向的で、誰かに憧れることもまずありません。そういったタイプの指標を持つことの重要性について聞かされることはありますが、そうはなりません。どうやら不可能なようです。
作品の目的も非常に曖昧で、自分ですら理解できていません。
指標も無いものを、黙々と作っているだけのことです。仮に指標があるときは、社会に対しての敵意というものがあるときぐらいです。
だからこそ、自分の作品の説明については、特に困るわけですが、これが言えないことが、創作の世界の中では問題視されるわけです。
ぼくは、そもそも言語に関する学習障害が強めにありますので、もし何かを理解しているとすれば、それは言葉ではないもので理解しているのでしょうと思ったりするわけです。
おそらく、物事の理解の仕方が他者とは大きくずれてしまっているのでしょう。
posted by 超画伯 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月18日

顔真っ赤っか

PK1N0927.jpg
先日は気持ち悪くなって顔が真っ赤になって寝込んでしまいました。
なんか、体温が調節できていないみたいです。
本当に無理はできないですね。
良いことばかり言ってたら、脳は簡単に騙せて良い結果が出るとか、バブル崩壊してからしょっちゅう聞くんですが、残念なことに体は騙せないみたいで、無理は来るようです。
というかそういうこと言いだしてからの社会の劣化は凄まじく、そんなものが果たして効果があるのかが疑問ではありますよ。
意識高い洗脳を自分にほどこしても、ベースとしての意識は著しく低い、鼻息だけが荒い人が多いのでまぁ察するところではあります。
とは言いましても良いことばかり言ってた記憶は無いのですが、ネガティブシンキングだろうがポジティブシンキングだろうが、動かしすぎた体や頭はダメージを刻んでいるわけですよ。
じゃあどうやって、そういうのを回避していくのか?と考えると、特に思いつかないんですよね・・つまり社会構造そのものが人体も消耗品になるように構築されてますので、そこから変えないとどうにもならんのですよ。
まぁ、鼻息荒い人がそんなことは無い!と言いはるだろうし、面倒くさい世の中になりましたよね・・
posted by 超画伯 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月11日

絵画教室のテキストの絵

少女03_0005.jpg
絵画教室の光学モデルの説明用に架空の人物の絵を描いてみました。
実際にはあり得ない形に任意の光源を設定して描くというものです。
ここまで描いたのは久しぶりで、こういった感じで描くのも初めてです。
とりあえずテキスト用で、自分では何とも思わなかったのですが、他人に見せると怖いらしい・・
色々とずれているんでしょうね・・

posted by 超画伯 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年09月06日

病院

先日は病院に行きました。
気候の影響もあるのでは?とのことでしたが、このもわもわ感は酷い・・
モニターを見るのも一時間が限度です。。
もう、作品は作れないのかなぁ・・
posted by 超画伯 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

カメラはミラーレス化で高価格化・・

SDQH2046.jpg
ニコンとキヤノンがフルサイズカメラ市場に参入したわけですが、なんと言いますか、正直詐欺的に高いですね・・スペックのただし書きとかも酷い・・
普通に考えれば、機構が減ったのだから安くなりそうなもんですが、逆に高くなってしまいました。
しかも内容はお粗末と言えると思うのですが・・
ボディーはデジタルだけに早めに安くなるとは思うのですが、レンズが異様に高いですね。
高性能化したのだから、これは安いと言う人もいるかもしれませんが、普通に考えれば、世代が変わるということは、値段がそれほど変わらず高性能化することだと思っておりました。新しいのだから、同じ値段でも高性能であるべきなのです。
しかしながら、今のところ2強とか言われてるこの2大メーカーは、明らかに高級路線を選択・・カメラはここ最近無いぐらいの高級品に・・という感じです。
カメラを持つ人の何割かは、既に金銭感覚がずれてきて、それでもついて行くのかもしれませんが、内容的にはエントリー機的なものになってしまっていて目新しい要素もありません..オーソドックスなエントリー機・・
つまり、エントリー機が半端なく高いということです。

今回のフルサイズミラーレス参入に関して言えば、これは二度目のαショックと言えることなんだろうと思いますが、それにしても後出しで値段も高くそれでいて低性能というのは如何なものでしょう?
売り文句も大口径マウントの将来性とかばかりで、その将来性込みの値段ということなんでしょうが、つまるところそれって30万とか40万、もしくはそれ以上の値段の大口径レンズでやっと威力を発揮するようなもんでしょうし、正直、そんなものを買っても仕方がないわけです。というかズームはF2.8、単焦点はF1.4もあれば十分でしょうに・・それでも最近は高いのですから・・そもそもレンズ何本か買ったら車が買えるようなカメラってどうなのよ・・長く使えるとか言うけど、デジタル一眼レフのレンズだって、これで徐々にネイティブでは使えなくなるわけですよ・・しかもデジタル時代になって、ものの陳腐化は早く、これからの100年とか、そもそもマウントそのものが必要なもんなのかも怪しいもんです。

とりあえず高付加価値商品で売る数を絞って儲けるという考え方は分からなくもないのですが、正直酷い話で、そういうのは、少なくともαよりも高性能でなければ説得力もありません。何に付加価値があるのかすら分かりませんし。カメラ屋としてのブランドということでしょうか?
そこまでブランドが重要なのであればそれはそれで仕方の無いことなのかもしれませんが、はっきり言って、かつての精密機械産業であるカメラ屋と家電屋とでは、ミラーレスという分野は明らかに家電屋に分がある気がします。
あと、単純にユーザー目線から見ればファーウェイあたりがこの分野に参戦でもしてくれたほうが、アイデア的にも面白いものを作ってくれそうだし、過去の呪縛から解き放たれそうな気もします。もはやブランドに固執することが発展性のためにも将来のためにも良くないとすら思えます。とにかくこの分野の人間はマニアも技術者も頭が固いのか、20世紀から継承するローテク技術の発展ばかりを追求しているように思えるのです。
レンズの巨大化など、その最たるものでしょう。ローテクだから、はっきりとした高性能化のためには物理的に使用困難になるほど大きくするしかないわけです。
案外中国あたりの企業がとんでもないアイデアを提示して、その後ごっそり持っていくのも時間の問題とすら思えてしまいます。

つまるところ、最後の障壁のシャッター幕が無くなるのも時間の問題なわけで、完全な電気製品に移行・・構造的にはビデオカメラとなんら変わることのない構造になっていくわけです。そしてAIとかそういったものが入る余地は上がっています。それに参入の障壁も間違いなく低くなります。
要はビデオ撮影+αをするように写真を撮るような時代になってきてるわけです。
α9の無音撮影を、ビデオ撮影のようだと揶揄する人もいるようですが、これこそが未来のミラーレス機の姿なわけで、無音撮影の恩恵は計り知れないのです。コンサートや舞台、講演など、シャッター音など迷惑以外の何物でもありません。シャッター音が素晴らしいとかいうのは、本来無いほうが良いけど仕方なく鳴ってしまうものにフィーリングが〜とか序列をつけているだけで、普通に考えればどう考えても無いほうが良いのです。
つまりそのように撮れることがむしろ理想なわけです。
そういったことを常に先行できるのはセンサーや各電子部品などを製造できる家電屋になってくることは確実ですし、こうった技術を早くもう少し下位の機種にもほしいわけです。
とにかく今回発表された機種に関しては、ミラーを外した恩恵が非常に少ない機種で、たんにブームにまたがりブランドで売るという商法にしか見えません。
古臭い撮影手法ばかりを継承していて、使用する上での発展性は無く、レンズは巨大化。自分が思うところのうま味がまったく無いわけです。
そしてレンズは異常に高い・・
αもレンズが高いと思っていましたが、いまや安いと思えるようになってしまいました。それでも高いからそんなに買えないのですが・・というか、世の中これでは、αのレンズも更に高くなりそう。。なんか馬鹿馬鹿しい・・
世の中先細りなのに..まぁついていけませんね。

posted by 超画伯 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年09月04日

発作

異様な不安感と、車に酔ったような感覚に襲われ、何度も嘔吐・・
一瞬でもモニターを見るのがきつい
いつになったら良くなるのか・・
posted by 超画伯 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月03日

めっきり写真を撮らなくなった・・カメラつまらないかも

K52S0098.jpg
色々と遊べるものだと思っていたカメラなんですが、最近あまり面白いと思わなくなってしまいました。
まぁ、言うなれば、正直検索とかにかかる写真とかもつまらないですし、アイデアらしいアイデアも無い感じで、要は何を見ても感動しないということにつきるかと思います。
自分が何を撮りたかったのかは、未だに分かりませんが、風景とか街のスナップを撮るにしても、もはや既に見た感じの風景ばかりで、何を撮って面白いとも思わなくなったわけです。
綺麗な夕日やら咲き乱れる花とか、他人の子供やペットとか、お姉さんのイケてると思ってるような写真、毎日のように怒涛のようにネットに上がってくるわけで、まぁ、皆同じような写真ばかり撮っているわけです。
これを人より綺麗に撮れたからといって、それがどうというほどのものでは無いですし、それをもって、世界が素晴らしいだろ?とか、とても思えないわけですよ。。そもそも画像処理して捏造してますしね。
要は世の中が同じような価値観ばかりで動いていて、情報としてはとても単調・・もちろん見る側の需要があるから似たような写真が多くあるわけですし、自己承認を満たす意味でも見る側に合わせた写真を撮ることが素晴らしいという暗黙の了解。。それを見て安心する人もいるのでしょうが、正直毎日同じおかずを食べてるような感じで、飽き飽きしているわけです。

DSC04721_.jpg
あと、何だか面白くなくなった原因の一つとしてあるのが、このPENTAX K-5Us・・
誤解を招くようですが、K-5Usは良いカメラですよ?なんですが、この機種を手にした時点で、だいたい自分が撮る対象は撮れてしまうということに気がついたわけです。(一番上の写真はこれで撮っています。岡山県の事業の撮影の仕事で使いました。-3EVのフォーカスとある程度の暗所性能で、記録としては残せるようになりました。)
その後、K-1とかも導入しましたが、これによって何かが変わるわけではありませんし、ミラーレスのα7シリーズとかも数年前から導入しましたが、特に自分に変化をもたらすものではなかったわけです・・まぁ無駄骨ですね、機材が変われば何かが変わるという希望は無くなったわけです。諧調や精細さが変わった?いや、冷静に考えると、自分が変わったわけでもなし、かなりどうでも良いですね・・あと、金も無いのに過ぎた道楽でもありますね・・何か結果残したほうが良いのかな??
とりあえず無駄骨にしないためにも、周りを見てみるわけですが、最近、世の中の層みたいなものが見えなくなってきています。
正確に言えば、現実が酷すぎるから見えないように隠してしまったという感じでしょうか・・
綺麗なものだけを見なさいという同調圧力みたいなものもありますし、ある意味良い写真というものをメーカーやら取り巻きプロ、それを真似る面々が決めてしまっている感じも否めません。要は商業なわけで、結果としては最新機種で撮った写真が良いものという扱いを受けやすいように出来上がっているように思えます。例外もあるでしょうが、比率ではそうなっているように感じます。
要は、高精細とか色が綺麗とか今までにない諧調とかで、似たような風景を撮れば、それが一時の価値になるといった感じでしょうか?
もし、これを芸術というならば、実にくだらないと思いますし、だからこそ写真は相対的に他の芸術に劣ると思っていたわけですが、まぁ、ぼくも一応映像作家のはしくれなわけで、一応世界の有名どころの映画祭や芸術祭で活動してきた体験から言えば、動くほうの映像は、ただの鉛筆の線画だけで書かれ非常に安価な装置で作られた、アイデアだけのものから、何億円のような莫大な装置と人員で作られたものもあって、一人だけで制作する人も数百人で制作する人も同じ舞台に立ちます。
ぼくは基本的に自分と音の人だけの構成で、おそらくそういう舞台の中では最貧の部類になるわけですが、とくに機材がどうとか、そんなことは田舎の映像屋か機材自慢の爺さんぐらいからしか聞いたことがないというのが実情です。要はアイデアと感性が世界的な有名プロダクションを上回ることが可能な世界なわけです。

K52S1036.jpg
おそらく、そういったことは写真でも可能なのかもしれませんが、妙な共有意識がそれをやりにくくしているのは間違いないだろうとおもいます・・金さえあれば、やたらと敷居が低く、多くの定年退職者が老後の趣味で始めても、それなりに出来るようになるというのも、良い点ではあるとは思いますが、その敷居の低さが、ある種の押さえつけを生んでいるのかもしれません。要は人と違うことをしている人に対して、少々かじったことで、非常によく分かっている面々による「なんでこんな写真とるの?」とかいう雑音が絶対数として非常に大きいのではないかと想像します。
これはSNS等がさらにその様相を強くしている感もありますね・・要は保守的題材であり、皆が一様に良いということにしていて、だれもが見ても良い写真というのは、こういうもの・・と、お約束になっているわけです。そうでないものは、もし見えて、仮にすごいなと思っても、見ぬふりを多くの人がするでしょう。誰もが監視者でもあり、ルールを破壊するものは基本的に許されません。それは心の中では賛同する者も多数決に勝てないのだから見ぬふりをするのです。
要は人と違う写真を撮るとして、それが古いコンデジだったとします。細部の写り込みや、諧調差は乏しく、保守的題材の要素がないとなれば、多くの場合否定されてしまうのではないかと思えてしまうのです。そして保守的題材を撮っている人は圧倒的に多いわけですから・・
保守的題材を保守的に撮る場合は、つまりは決定的変化がないわけで、それを機械力で徐々に向上させる・・それをメーカーや、その息のかかったプロが評価・・まぁ売りにつながりますよね。つまるところ、メーカーの手のひらの上といった感じなんだと思います。
もっとも、今はスマホ屋のほうが力も金もあるかと思いますが・・

posted by 超画伯 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年09月01日

色々と離れた感覚

SDQH2183.jpg
暑くてきつい夏でした。
病気もあるかもしれませんが、夏の暑さについて行くことができなくて、何日も倒れていました。
それでも予定のある日に合わせて調整していましたが、その後はダウンという感じを繰り返しています。それでも、意地でも動こうと思えば、その日は何とかなる分、入院していたころよりは良くなったのではないかと思っています。

これから作品を作るかどうかについては、体力との相談ですが、もともと自閉症もあって、一般的価値観についていくことは困難になってきている気がします。
色々とアドバイスを受けることもあるのですが、ぼく自身のベースの感覚は、世間一般とは大きくかけ離れていて、聞いてもあまり意味はなく、要はそこに当てはまる要素が極めて少ないという感じで、そこを無理してついていこうとしていましたが、限界のようです。
もともとは、普通に生きたかったのですが、それが出来ず、仕方なく作品とかを作るようになりました。その思いがあって、なんとか社会との接点を見出そうとはしていたのですが、もう無理です。
とりあえず、自分に付いた枝葉を切り落として、自分に無理の無い生き方を考えていく必要があります。
仮に世の中に必要のないものだとしても、まぁ、自分が生きていく中で色々と思い浮かぶことを頭に浮かべながら生きていきます。

posted by 超画伯 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月29日

奈義現代美術館上映ありがとうございました。

SDQH1650.jpg
今日は、奈義の美術館で上映会でした。
遠路、お忙しい中ありがとうございました。昔の展覧会見てくれた方が、四国から来てくれたり。以前の上映会の担当してくれた方に来ていただいたりで、とてもうれしい話ですね。
終わった後も、皆さんと色々と話ができて面白かったです。

DSC03609.JPG
ところでなんですが、奈義は遠いので、早めに家を出たわけですが、早く着きすぎたので、喫茶店に・・ICHIGOと書いてますね・・

DSC03605.JPG
ドラエ○んぽい石像があります。

DSC03608.JPG
コーラフロートを頼みました。
これってビジュアル的に良くないですか?

DSC03604.JPG
奈義は、ぼくの祖母の里なんですが、広々としていていいですね。
大変に涼しくて羨ましいかぎりです。
冬は大変かもしれませんが・・

posted by 超画伯 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映会

2018年07月16日

35mm F1.2 クラス最安中華レンズ

PK1N0513.jpg
35mm F1.2という超ハイスペックレンズを1万円程度で入手しました。NEEWER 35mm F1.2というレンズであります。
これが安いのか?と聞かれますと爆安です。現存する同じスペックの他のレンズに比べれば異様なほど安いということになります。
とりあえず、ささっと写真を撮って記事にしてみましたんで、興味のある方はこちらからどうぞ。
NEEWER 35mm F1.2
DSC03164.JPG
(SONY α7U/NEEWER 35mm F1.2/絞りf1.2)

posted by 超画伯 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集