2018年06月21日

起き上がれない

K_1P7346.jpg
起き上がるだけでも、ものすごいエネルギーが必要です。
なんか寝たきりになってしまったように重いですね・・
思考力も無くて、色々な気力が消えました。

posted by 超画伯 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月15日

Super TAKUMAR 55mm F2 か F1.8

SDQH1460.jpg
(SIGMA SD Quattro H/Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm F1.8 開放)
最近の大きなレンズは、おそろしく高解像ですよね。2010年代すぎたころから、急激にレンズの高性能化が進んでいます。
でも、値段も大変に高価で、普通に見る分には人間の目では認識できないのが現実で、画像を等倍してみると色々と分るといった感じです。もちろん大きくプリントする場合にはこれも意味があるのですが、自分が使うとするならば完全にオーバースペックです・・

古いですが、一応AFも付いたFA 50mm F1.4も持ってはいるのですが、なんかTAKUMARのほうが画質が良いんじゃないか?と思って、そちらのほうが使用頻度が多めな気がします。特に四隅の画質なんですが、中央に比べて一定感があるような気がします。
で、使っている中では、設計が古い55mm F2が、一番画質安定してるんじゃないか?と思っているわけです。

SDQH1506.jpg
(SIGMA SD Quattro H/Super TAKUMAR 55mm F2 開放)
ただ、画面の収差はF2はF1.8よりも大きな樽型で、画面の正確さをとるか、均一な解像性能をとるかで使い道は異なったりします。
F2なんですが、設計に無理が無いのか、開放から四隅まで均一に解像する感じです。これはすべての絞りで言えることで、f2からf16まで、すべての絞りが現代の使用でも問題なく使えて、非常に安定しているという感じです。
これは開放付近では50mm F1.4よりも明らかに優れていて、この流れを引き継ぐFA 50mm F1.4よりも発色とコントラスト以外の面では優れていると感じるわけです。ただし、FAはともかくTAKUMAR 50mm f1.4に関して言えば、自分のはSMCの放射能が出るトリウムレンズなわけですが、F4以上では55mm F2よりも優れていると感じます。これは現代のレンズと比べても良い勝負をするのでは?と思えます。
まぁ、マニュアルフォーカスなわけで、オートフォーカスよりも画質が安定しやすいというのはあるのかもしれませんが、こんな古いレンズでも、今でも十分に使えるわけだから、何と戦うわけでもなし、これで十分と最近感じるわけです。


posted by 超画伯 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年06月11日

オクラの苗

SDQH1475.jpg
毎年なんですが、オクラを植えています。
5月に種をまいて、今やっとこの程度ですが、月末ぐらいから一気に大きくなります。
で、これがけっこう出来るわけですが、はやく大きくならないかなぁ・・

つづき
posted by 超画伯 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月09日

鬱は心の風邪なんかじゃないだろう

DSC02549.JPG
なんとか立ち上がらなければと思うのですが、立ち上がる気力がありません・・
といいますか、手が震えて絵が描けません。

鬱は心の風邪とか言われているようだけど、そんな生易しいものじゃないだろう。人にもよるかもしれませんが、とにかく治らない。この世から去りたいと思ってしまう。なんとか生きる理由を探そうとしても、生きることの意味の無さを頭が語りかけてくる。体重もどんどん減っていくし、いさつ起こるか分からない発作におびえる日々。発作は、ぼくの場合頻尿が起こって、一日に何十回もトイレにいってしまう。そして脱水症状を起こして、死ぬような苦しみを味わう。考える能力が著しく低下するものの、この世の意味の無さを的確に心に教えこまされる。

なんとか、普通の状態を意識しているものの、実のところ、あらゆるものの興味を失っています。
もしかしたら、回復の手助けになるかもと、写真を撮りながら散歩と考えていたのですが、実のところ、あまりシャッターを押していません。
この世に見える、あらゆるものがつまらないからです。
震えるファインダー像を見て、今の自分の状況を把握して、自分はもう終わっていると、頭が語りかけてきます。

今年になって、何度死のうと思ったか・・この病気は、明らかに死と隣り合わせです。

SDQH1452.jpg
もう少しマシに絵を描けるようになると、世の中が好転しているように見えるのでしょうか?
写真はくだらない・・色々と見ても目新しいものがない。
セットを作って創作しているようなものもありますが、こんなのは映像の世界では当たり前のことで、動画も含めれば珍しいものではないし、映画を作るのなら当たり前のように見るでしょう。1作のコストと時間のかけ方が違うからです。それを写真で撮影してみると良い。照明も完成していて、驚くほど綺麗に撮れることが分るでしょう。
風景?劣化風景のどこが楽しいのでしょう?そもそも、あまりにも嘘くさい。
物事をありのままに捉えるという方向で、レンズが進化していることは理屈を聞いていれば明らかだけど、本当にそんな感じに見えるのか?本当は中央の限られた範囲しか解像してないのが、現実の目じゃないか。色も嘘くさいし、周辺減光など、あるのも無いのも虚偽じゃないか。そもそも、人間は視覚を理解するほどの知能が無いのが現実でしょう?

手が震えなければ自分は動くのでしょうか?やはり動かないんじゃないでしょうか?それでも震えないほうが良いです。可能性がありますから。
毎日焦るのに、心に動力がありません。
作品を創る?「創る」などという言葉は人間にはふさわしくない。「作る」が限界だから「創る」は使いたくない。

一つ良いことを言えば、鬱には波があって、今現在、悪い中でも比較的良いということです。今、これを書いているのもそういうことです。

posted by 超画伯 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月07日

中華レンズが個性的だなぁ・・

DSC02429.JPG
とか言いながら、これは韓国のレンズで撮ったものです。
SAMYANGの場合は、けっこう日本やドイツのメーカーとガチで競合するレンズ群を抱えていて、言ってみれば定番の高性能レンズを割安で売っている感じなのですが、中国のレンズときたら、超個性的で、誰も作らないであろうというか、日本やドイツではコスト的に割が合わなかったり、バランス良くないと叩かれるので、そうなると売れないから作れないだろうというレンズ群が登場していて、そういうのって中国の立ち位置だからこそ出来るといいますか、最近とても興味をもっています。
中には安価なコピー品のようなものもありますが、中一光学とかKIPONLAOWA とかいうブランドのレンズは比較的安定した性能で超個性的なレンズを作っている印象です。
なんというか、F0.85やら135mm f1.4のような焦点距離やフォーマットサイズからしたらあり得ない明るさのレンズやら、倍率が何倍もあるようなマクロレンズやら、等倍撮影できる超広角レンズやら、特注でもしないと撮れないような絵が出てくるレンズというのは、発想力やこんなことしてみたいやらの好奇心が無ければ作らないであろうものを普通に買える値段で売っている感じです。
もちろん現時点では日本やドイツが作ったほうが高品質にはなると思うわけですが、理由はどうあれ、マイクロフォーサーズのような小フォーマット以外は、こういうものを作ってはいないわけです。ライカとかf0.95のレンズあるみたいですが高すぎですね・・
結局のところこれらの出す絵は一部を除いてはこれまでのレンズでは似たような感じではだせなかったわけだし、けっこう目の付け所が違うなと思うわけです。
ミラーレズ専用レンズとか特に明るいわけですが、これは今後のミラーレスの可能性を具現化しているわけですし、ミラーレスでしか出せない絵というものがどんどん増えてくるでしょう。
とか言いながら、イマイチ買う気が起こらないのですが、というのもなんでPENTAX用のレンズにAポジションを付けてくれないのか・・SAMYANGにはついているし、そんなに難しいもんなのかなぁ・・
あと、コーティングのせいなのか、写りが古典的な気もしますし、チャレンジャーすぎるのは良いとしても、相当無理をしているのか欠落個所も多々ありそうな気もします。あと、デジタル用としてはコントラスト低い?良いのもあるけど。
写りの傾向はオールドレンズ的なものが多いし、とりあえずオールドレンズで10万とかのレンズ買うならばこっちでしょうとかも思ってしまいますが、せめてAE機能は欲しいんだよなぁ・・M42マウントで出してくれるなら無くても良いのだけど、マウント径的に明るいのは無理だろうなぁ・・
ブランドにはこだわりませんので、そういう機能つけてほしいなぁ・・


つづき
posted by 超画伯 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年06月05日

一眼レフ機で拡大ボタンを押してしまう

PK1N8505_.jpg
マニュアル操作でピントを合わせることが多いのですが、ファインダーを覗きながらの操作は、レフ機だとこれがけっこうずれます。
それでも、PENTAX機だと、ピントは合わせやすい部類だとは思うのですが、ファインダー像そのものを拡大できるミラーレス機のEVFの完璧な正確性に比べると、実に心もとないものになってしまいました・・
で、撮影対象を見ながら思わずやってしまうのがK-1で言えば+/−のボタンかOKボタンを連打してしまう癖です。
これは、前者はソニーのα7Uの操作系で、後者はSIGMA SD Quattro Hの操作系の癖です。
これをけっこうしつこくやってしまうのです。
当然ながら光学ファインダーで拡大は出来ませんが、瞬間的にやってしまうということは、それが便利で多用するからということになります。
この時点で、既にミラーレス機がぼくにとって優れていることは間違いないのですが、わずか数年前は総合的に一眼レフにするしかなかったのです。
ぼくのデジカメはコニカミノルタのDiMAGE A1が最初なので、この拡大機能の便利さは当時から理解していたし、EVFこそが思想的にもデジタルカメラをカメラとして、ハイテクな電気製品として進化させるものなのだからこれを早急に進化させてほしいと思っていたのですが、なぜか一眼レフでなければまともなカメラではないという風潮になってしまって、一眼ブームに・・こちらの開発はしばらくゆったりとしたものになってしまいました。
これ、たぶん旧マウント群のせいですよ?あと、カメラを使う連中は、なぜか保守的でスマホの台頭でハッとなるまで、旧ルールに縛られる者ばかり・・フルサイズ信仰などは最たるものだと思われます。センサー形状も、ミラーレスはミラーが無いのだから、アスペクト比を自在に変えられて、縦撮しなくて済むスクエアであってほしかった・・というわけで、今のところ2大メーカーであるCとNが、まともな一眼レフ以上のミラーレス機を出した時点で、レフ機はレンジファインダー機のように趣味の産物になってしまうと予想します。
今までのフォーサーズ→マイクロフォーサーズの流れを見ても、それが電子マウントだとしてもネイティブでない以上は旧レンズ群は陳腐化してしまいそうな気がします。
じつのところ、ぼくの一眼レフはしぶしぶ購入した産物なわけです。
こうなるとレンズが必要で、けっこう購入してしまったのですが、どうやら総合的には、これらのレンズ群は時代遅れなものになってしまいそうな気配ですね・・絞りリングがあるものはまだ良いのですが・・
まぁ、どうせそうなると思っていたので、マニュアルフォーカスレンズを中心に増やしていたのですが、この点は正解でありました。完全な機械製品は、中途半端な電気製品よりも陳腐化しにくいと考えていましたので・・
ところで、電気製品でもある最新のレンズは高いです。
いつ陳腐化するか分からないのに、これを購入する価値があるのか・・
冷静に考えれば、それをもとをとるまで使うという時間も、今のぼくにはありません・・まぁ、ストレス発散だけのものですし。

posted by 超画伯 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年05月26日

意味がない

K_1P7344(1).jpg
何とか立ち上がろうとするも、体が重く、立ち上がることができない日々・・毎日歩いてはいますが、それがむしろダメージになって、ますます体が動かなくなってしまったりで思うように回復してくれません。
同時に、何事も空虚に感じてしまって、何を見ても面白く感じることはありません。これが病気のせいなのか、もともとそうなのかは分かりませんが、何か心の動くものを探そうとしても見つからずの状態・・日々の散歩でもそういったものは見つからずで、いったい何に期待して歩いているのでしょうか?
この世界は、そもそも面白くなかったのではなかったのか?
素晴らしいと思い込もうとしていただけなのでは?
ぼくは、何枚も絵を描いていますが、いったい何のために描いているのでしょう?そもそも意味なんかは無いことは以前から理解はしていましたが、他に出来ることが無いのだから仕方がないと思いながら、絵を描くという行為を行っていました。
その絵は、自分に負荷のかかる動画の一枚一枚です。負荷のかかる、やってる感こそが今までの価値だったのかもしれません。

SDQH1067.jpg
作品を作ることには、必要以上の時間を要します。要領が悪いのかもしれません。
絵を描くへりには、いつも黒く大きなカメラが置いてあります。そもそも、作品をつくるための一工程の道具にすぎなかったのですが、一瞬で絵が出るという安易さから、いつまでも作業工程の先が見えないアニメーションのストレスから逃げるための道具になりました。それほど深い意味はないのですが、それを思うとき、なんとも言えない気持ち悪さを感じることがあります。
この黒い物体は、何のためにあるのか?どう考えても、今の自分には過剰なものです。目的を逸脱しているとしか思えません。おそらく、買うときは高揚感でもあるのでしょうが、今は、それがどうだったかも思い出せません。
当然出てくる絵が面白いわけもなく、ただあるものをフレームにおさめているだけです。
新たな発見があるとするならば、素晴らしい道具なのかもしれませんが、正直絵を描く行為に比べても創造性に劣りますし、肝心の発見も出来ないのであれば、ただの黒い気持ち悪い物体にすぎません。

posted by 超画伯 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年05月25日

夜中に歩いています

PK1N8161_.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35mm F2)
なかなか体力が回復せずですが、とにかく筋力が落ちているため、体にダメージの少ない夜に散歩をしています。
今のところ、まだ涼しいので、なんとか歩けます。

最近は、自律神経も弱って、ネットもあまり見れませんし、炎天下だと、すぐにへばってしまって、一日を台無しにしてしまう感じなので、極力ダメージの少ない方法で運動しなければなりません。

つづき
posted by 超画伯 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

きよこのくら 名曲喫茶「時の回廊」 上映会

きよこのくら_表面-[更新済み].jpg
「きよこのくら」

2018年6月20日(水) 名曲喫茶 時の回廊にて上映

第一回上映 13:30開場 14:00上映  第二回上映 16:30開場 17:00上映

中村監督のトークあり ※中村の体調によって変更あり 名曲喫茶 時の回廊 岡山県倉敷市下津井田之浦1-16-22 TEL:070-5522-1622
上映案内は随時更新してまいりますので fb永瀬清子生家保存会 及び公式サイト www.nagasekiyoko-hozonkai.jp を閲覧ください!

入場料金1500円 入場料+珈琲付
※制作支援のお礼としてお送りした鑑賞券は、こちらの会場でもお使いいただけます。鑑賞券使用の場合は、
+珈琲代金500円を受付でお願いします。

きよこのくら時の回廊_裏面-[更新済み].jpg

↑クリックで拡大します。

よろしくお願いいたします。
posted by 超画伯 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映会

2018年05月11日

忘れ去られていたレンズ

PK_17767_.jpg
(PENTAX K-1/SAMYANG 8mm f2.8 umc fish-eye)
今日は、車検に行きました。
車自体に興味が無く、こんなにコストがかかり、リスクのある乗り物に、できれば乗りたくないのですが、地方暮らしもありますし、しぶしぶ乗っています。
以前は、車も興味がありまして、それはそれは夢を抱いていたものですが、いつの間にか、ただただ面倒で、掃除も怠る始末です。

デジカメなんかもですが、始めたころは、それはそれは夢を抱いておりまして、初心者にありがちな、いかにも特徴の分かりやすいレンズといいますか、魚眼レンズとか購入していました。
今は、ハイクオリティーなものも含め色々と出ていますが、SAMYANG(サムヤン)というブランドのレンズが店に出回りはじめたころは、8mmの魚眼と14mmの超広角と85mmの中望遠の3種類しか無かったように思われます。実は、それ以前からOEMで何種類かのレンズが売られてはいたのですが、そんなこと知るよしもありません。韓国のブランドですね。
とりあえず、29800円と格安だったこともあって、3種類とも買ってしまいました。
最初はうれしかったのですが、左上の隅の減光が著しくて、気になってくるとすぐに飽きてしまいました。で、何年も防湿庫で眠っていたわけです。
これにかかわらず、他のレンズに関しても飽きははやくて、最近は買わないほうが良いのではないかと思っていたりします。
テレビが4Kになってもつまらないのと同じで、実のところ面白い意図のある写真でも撮らないと、いくら高精細に撮れても意味はないのです。
ぼく自身映像作品を作ったり、絵を描いていたりするので、その点はよく分かっているつもりではあります。なんですが、なんでもかんでも作品となると重すぎるので、ちょっと気楽に遊べて、あっさり出力できる、デジカメでストレス発散とかできたらという言い訳から、惰性で写真を撮っていたりします。作品ではないということにすれば、プライドも必要ないですしね。
今年、仕事で病気になったこともありまして、ますます無理はできません。

ところで、このレンズ、K-1のクロップ機能だと左上の減光無くなりました。万歳!

つづき
posted by 超画伯 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集