2019年12月07日

自分の時代

120A0286.JPG
ざっと世の中を見ていくと、多くの人は自分の時代に生きていると感じます。例えば、自分が一番輝いていた時代だったり。そこから抜け出すことが出来ず、同じことを続け、時代についていけなくなると言いますか。

ぼくは、学習障害のせいなのか、過去の自分が何をしたのかについては、さほど感覚としては残っていません。あと、ぼくの人生は、あらゆる意味で自信を奪われるものでした。だから、確固とした自信を持つような出来事が無かったわけで、常に自分を疑ってきました。感覚としては、何時でも足元をすくわれるという感覚がこびりついていて、そこから抜け出すことが出来ません。

今は色々な事が出来るようになって、よく考えたら、何故足元を救われるような所にいるのかについて疑問を持つようになりました。以前よりも自己価値が上がったのかもしれません。考えてみれば、ぼくは自分をわざわざ不利な状況に追い込む癖がついていました。最近何度も自分に言い聞かせる事ですが、自分の有利なポジションで戦う事。不利な事をしなければ、ぼくはこの世の中でも有利に戦えるのではないか?そう思うようになりました。
ただ、若いうちは、自分の不利な状況で戦う事は、自分を鍛えることになるので、重要な事だと思っていました。若いうちから有利なポジションで戦えば、その時代が終わると、ぼく自身が終わってしまいます。そのための筋トレのようなものだったと考えることも出来ます。

現在、この世の中は成熟せず、幼稚になってきていると感じることがあります。というか社会そのものが老いたという印象です。それが認知症のようになって、浅い表現があふれかえっているように感じます。サブカルをメインカルチャーにしてしまっている現状も、もはや新しいものを受け入れることが出来ず二次的なものを何度も使いまわすしかないという、老化にも似た現象のようにも感じます。つまるところ、新たな事をするという感覚が社会に無いという感じかもしれません。この社会で、新しいものを作り出すのは困難だと感じます。
いわゆるアートと名乗るものまでがそうなのなら、社会における模倣というものは、おのずと許されるわけですが、その考えが蔓延することで、時代の流れに、この日本という社会が、ついていけないという現象が起こると思います。
模倣して魔改造すれば良い?今の時代の流れは速く、それをやっている間に、外の社会は、次の段階に進んでいるのではないか?と思えてしまいます。ですが、たぶんその考えを変えることは困難だと感じます。ぼくは田舎の社会に流されなかったというより、社会に馴染めませんでした。ぼく個人が、世の中に馴染むことも諦めましたし、世の中の心配はやめたほうが良いのかもしれません。

とりあえず、ドローンなど購入しました。
posted by 超画伯 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月30日

動けない

今日一日休むも、まったく楽にならず。
そういえば2ヶ月、頻尿と下痢が治らない。あと、嘔吐も酷い。この一月は、なんとか体も持ちこたえてくれたましたが、11月中盤からが酷い。
責任上、写真展では、トークをする必要がありました。そういうところまでは、人間、脳内物質で持ちこたえるわけです。ですが、そこを境に、今までの蓄積された疲労が現実の感覚として出てくるのです。
大して動いていないはずなのに、それでも駄目なわけです。
5日間寝ましたが、回復もなく、先日の審査で、また倒れました。
冬は、ぼくにとって厳しい。夏も駄目で、今年の夏は寝てばかり。ですが、冬は、ぼくにとっては更に厳しい季節です。
ですが、入院はしたくありません、入ると出られなくなります。出してくれないのです。ぼくは、作品を作りたい。
posted by 超画伯 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ほとんど記憶がない

今日というか先日あった出来事に関して、ほとんど覚えていません。学習障害が進んでいます。たぶん、ぼくは無茶苦茶話しました。岡山ショートムービー祭での話。
ぼくは、人が言うことを学習出来ないので、シネマファクトリーの吉田さんが助けてくれました。行動の手助けがなければ、ぼくは動けなくなりました。彼女は、かなり気遣ってくれたと思います。理解もしようとしてくれていました。
目の前で話されていることも一瞬で消えていきます。自分で出来ることは、感覚だけが頼りです。もはや、想像の世界の方が、現実の記憶を上回ってしまっています。何故か、想像の世界の記憶は消えないのです。耳も目も通さないからなのか。
想像の世界は、たぶん、ぼくにとって一番嫌な時代の記憶がベースになっています。生き物として、生存に関わる部分だから、本能的に覚えているのだと思います。
考えてみれば、ぼくはおかしい人間だと思われてきました。社会の中で浮いた存在。自然に、ぼくにとっての世界は、ぼく対社会という構図に仕上がっていきました。そこに感じていたのが巨大な力です。ぼく対圧倒的多数、この世界に知覚出来るものは圧倒的すぎます。ぼくの意思は、この体に勝てない。結局のところ人と同じように出来ていなければ、相互理解も無いわけです。理解しようとしたけど無理でした。
抗うことが出来ない最大の力が死です。そしてそれを避けるように塗り込まれている本能。ぼくは消えたかったのに、あの恐怖と苦しみを味わうのが嫌だ。
不安を和らげるために、ぼくと同じ言語を話す人に回答を求めたいと思いました。ずっと会えなかったので、ぼくが、それを求めたのは、ヨウムの濃太郎でしたが、彼は、ぼくが思っている以上に今を知覚しています。違う生き物なら、人間とは違う回答を答えてくれると思ったから彼を飼うことにしたのです。彼の考えは、人間のものとよく似ていました。

まぁいいや、別にキチガイでもええよ、ぼくは
posted by 超画伯 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

自分の生きる世界を自分でつくらないと

なんというか、今のぼくは、映画というものに興醒めしいています。というか、なぜ人に認められようと思ったのか。本当は、作りたいものを好きに作れば良いのに、考えてみれば、あまりにも無駄が多い仕事です。つまらない陳腐な枝ばかり生えてて、安っぽい。もう少し、やるべきことがあるでしょうし、結局のところ自分で納得が出来ていません。たぶん、この手法では、ぼくは納得出来ないのだと感じました。
ぼくは、結局様式的な事が苦手で、にもかかわらず、様式的なことをやっていたのだと感じます。
ぼくが、やるべきことを再度考える必要があります。映像において、不必要と思うことは、バッサリ切る必要があります。ぼくが感じていた違和感の部分というものは、世の中においては、常識なのかも知れませんが、その常識そのものが不要だと感じています。それが、たとえ評価の対象にならないとしても、ぼくは、ぼく自信が生きるために、その世界を作らなければと思っています。
posted by 超画伯 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月27日

病院 テキスト制作

DSC02588.jpg
今日は、岡山精神科医療センターへ。いつも通りの内容ですが、これが無ければ、精神状態を維持することは出来ないので、薬を貰いに。
考えてみると、ぼくがある程度頑丈だったのは20代だけで、子供のころも30代以降も体が弱いです。。倒れてもうすぐ2年、仕事がまともに出来ないのだからじり貧になります。それでも、たまに仕事はしています。
現在、絵画教室のテキスト制作中ですが、近くでドリヤマが見守ってくれています。ドリヤマにとっては、一緒にいることが信頼の証みたいなものらしく、多くの日は、長時間一緒に過ごしています。
ぼくは、少々人間というものが苦手で、集団幻想みたいなものが苦手です。動物にはそういうものは無いように見えます。自分が好きなように考えて行動しているように見えますし、そこに何も嫌みがありません。
自分が住む世界が自由であってほしい。狭い世界なのなら、そこを押し広げたくなります。ぼくが知覚する世界は、あまりにも狭く窮屈です。どこに行っても狭い世界なわけで、その視野は、あまりにも狭い。
とりあえず、他人に合わせても仕方がない、自分は自分で生きていくしかありません。普通になりたかったけど、ぼくの障害は治りません。少ないけど、ぼくには友人もいますし、パートナーもいます。たぶん、それだけでも幸せなのかもしれません。独房に閉じ込められる事に比べれば。
書いてる最中も、ドリヤマがぼくを呼んでいます。「おじちゃ〜ん」ぼくは、おじちゃんだと認識されているようです。

posted by 超画伯 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月25日

EOS R/RF 24-70 F2.8 L IS USM インコの世話 ラーメン等

K_1N1185.jpg
キヤノン写真新世紀のグランプリの副賞でEOS Rカメラを貰ったわけですが、やはり操作など一通りやらないと、よく分からないわけです。まぁ、毎回新型機を使う場合は戸惑うところではあります。
ですが、基本的には扱いやすいカメラですね。説明書?当然読みません。使いながら覚えますよ。

・・カメラ増えすぎてしまいました。。何か売って減らそうかな・・しかし、どれも特徴があって、手放せないんですよ。

120A0116.JPG
(Canon EOS R/RF 24-70 F2.8 L IS USM)
試し撮りの一枚であります。コイネズミヨウムの濃太郎が奇麗に撮れましたよ。
朝のような色合いで撮れてますが、夜間の撮影です。ストロボ付けて撮影してみました。

120A0070.JPG

(Canon EOS R/RF 24-70 F2.8 L IS USM)
今時のズームレンズって、ボケも奇麗なんですね。解像も十分だし、仕事関係できっちり撮れそうです。

120A0100.JPG
今日の晩飯は、ラーメン屋の一滴に行きました。あっさり目のとんこつラーメンが、個人的にはツボにはまっていて、最近よく食べます。最近のラーメンは、攻撃的な味が多くて、最初は良いのですが、食べた後にしんどくなるのが良くありません。若ければ大丈夫なのかもしれませんが・・
あと、店の雰囲気が、昔からあるラーメン屋というのもポイント高いです。演歌が流れているのが、なかなか良いですよ。

posted by 超画伯 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2019年11月20日

カメラ趣味の終わり

ぼくは、写真家にはならないと何年も言ってきました。カメラは、ある仕事で使って以来好きだったわけですが、何となく機械を愛でるとか、そういった感じで、以前、某賞に推薦するから写真を出さないか?と言われた時も断ったりしていました。
ぼくは、アニメーションの作家であって写真家ではない。その領域は、ぼく個人のお楽しみにしておいてくれ。という感じで、作品とか関係なく、単純に楽しみたいという、いわゆる趣味の領域として考えていたわけです。

それから8年ぐらい過ぎたでしょうか?

2年前、ぼくは病気で、体験したことも無い絶望感を味わい入院、無気力状態にはなりましたが、何故か作品の事が気がかりで、二つほど作品を考えていました。一つは「蟻のような」もう一つは、ここでは言いません。もう一つはどう考えてもアニメーションでしか作れないものでした。

1年が過ぎ、ぼくの体は回復しませんでしたが、案外そういったことは許されなかったりで、ぼくは何かをしなければなりませんでした。あと、もう中村は終わったと思われたのか、何人かの人は去っていきました。たぶん、何時までも何かを作れなければ、人は、ぼくという存在を侮ったりするわけです。それだけしか、ぼくの価値は無いと思われていたのかもしれません。。
ぼくは、カメラ趣味を終わらせる必要に迫られました。それで作品を作るという可能性も考える必要がありました。

趣味と違って、作品となると、ぼくの機材には何と無駄の多い事か?と気づかされたりしました。その多くは、ぼくが作品と位置付けるイメージには必要なく、本当に必要な部分は貧相だったりしたわけです。
作品には強度が必要です。これは、どのような形態の作品でも同じことが言えます。あと、上位に来る人たちの力は、相対的に他のジャンルに近い事も知っていました。
薄々分かってはいましたが、趣味というのは無駄を楽しむことだったりするわけです。最初から作家になる気はなかった事がそこから伺えるわけです。

まぁ良い、その時ある道具で、最高のパフォーマンスを得れば良いわけで、後は、客観的に強度を強める事。この強度が、ある一定水準に達した場合、だいたい自分がどのくらいのポジションを狙えるかを判断します。絵でも、映像でも写真でも、おそらくそれは同じだと思っていました。

ぼくは、今後、現実的になる必要があります。もう、カメラ趣味で楽しむのも終わりなのだと感じています。

posted by 超画伯 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像日記

2019年11月19日

疲労 虚無感

IMG_0286.JPG
先日動いたからなのか、疲労で動けません。これが本当に疲労なのかどうかも怪しいもんです。

何日か前、レクチャーでポール・グラハムさんに聞いた事ですが、こうして制作活動していく中で、心の中の変化はありましたか?というような質問をしました。たぶん、誰にとっても難しい問題で、もしその人が自分を偽らないのだとしたら、これは本当に難しい問題なわけです。質問に関しての回答としましては、最後に「変化についての質問ありがとう」という言葉がかえってきました。
ぼくにとっては、最も重要な事ですが、何かをする事で自分は救われるのか?というような事を聞きたかったわけです。
たぶん、人間は、幼少期に満たされなければ、その後も尾を引きずり、何をやっても虚無感に襲われるというのがあるような気がします。
ぼくにとっては、常に、ぼく対社会という構図が自分の中にあって、基本的には社会に対する憎悪が制作の原点になってきました。ですが、その力で作品を作ってみても、ぼくが救われることはありませんでした。一応、ぼくの中にも変化はありました。いくらかは一時的に癒されたのかもしれませんが、すぐに虚無感が襲ってきます。だから、仕方なく、また作品を作ろうとするわけです。そうしないと耐えられないわけです。
たぶん、何かを作らないと、ぼくは精神を維持できません。ここしか、まともな社会との接点は無いわけです。社会を憎悪したところで、所詮は社会との繋がりがなければ生きていけないのが人間です。じゃあ、どうすれば良いのか?
たぶん、ぼくは、作品に、その解答を求めているのだと思います。

posted by 超画伯 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月18日

今日は岡山フィルムコミッション等に行きました

今日は、岡山フィルムコミッションに行きました。一応、来年の個展のためのロケーションに関して、ぼくのアイデアが可能か不可能かを聞きに行ってみたわけです。ロケーションのタイプで言えば、映画タイプのものではありません。独自のアイデアを提示しました。
回答としましては可能との事でした。提示したことそのものは、やったことは無いけど、応用的に可能なようです。これが聞けたことで一安心、着々と準備を進めるだけということになります。

IMG_20191118_174735.jpg
あと、これです。いわゆる画材なんですが、木炭と木炭紙、他、木炭画用の画材なわけです。これを買いました。使うのは二十数年ぶりかな?
写真展に木炭画?と思われるかもしれませんが、ぼくが考えているのは、今回やったことの逆、それ以上は言いませんが、想像出来ることに関して言えば、金銭問題が無い限りは、大抵出来るということです。もし、連作として相応しくなければ、はじくだけ、他の展覧会にでも何にでも使えます。たぶん、テーマ性が一致しているならば、まず使えるのと、強い表現が可能かと。
いつも思うことですが、映像をするなら映像、写真をするなら写真の外を見るのが重要だということです。カメラは画材と同じようなものなので、自分のイメージの再現の手助けをするためのツールの一つという考えです。

K_1N1152.JPG
その後は久々に天神そばに。値段を見たら、随分高くなっていました。820円なり。これも二十年ぶりぐらいかな?
食べると、流石に美味しい。ただ、ここのラーメン、ぼくは舌が痺れるんです。なんでかな?

K_1N1153.JPG
こういった、たたずまいで、最近多いファミレスみたいなラーメン屋とは異なり、昔からある古いタイプの店です。あと、かなり正当な中華そばの部類かと。懐かしい味ではありますが、最近のラーメンのような強さもあります。ぼくは毎日は無理です。
個人的にはこういった雰囲気で食ったほうが、ラーメンを食ったという気分にも浸れるので好きですね。

IMG_20191118_142319.jpg
ちょっと舌が痺れたので喫茶店へ、ここはGALLERY GLOSS & COFFEEです。
紅茶いただきました。
先日、昔、県の関係で色々とお世話になった、川崎さんが来たとの事。なんでも、東京都写真美術館、写真新世紀2019を見に行ってくれていたそうです。色々と嬉しい話が聞けました。
あとは、カメラの話をだらだらと話した後帰宅。書類をまとめたら寝ます。

posted by 超画伯 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月14日

山陽新聞記事 写真新世紀グランプリ関連

K_1N1139.jpg

2019/11/14日の山陽新聞に、写真新世紀グランプリに関する記事が書かれています。
作品名は「蟻のような」中村智道作品となります。よろしくお願いいたします。


関連

「写真新世紀」2019年度のグランプリは中村智道に決定  yahoo

「写真新世紀2019年度(第42回公募)」のグランプリが決定 時事通信

posted by 超画伯 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事