2021年09月26日

もうすぐ転卵停止時期のはずだが・・

K_5S9969_DxO.jpg

これが、どういう状態なのか、さっぱり分からない。
とりあえず、1個目は明日転卵をやめて、2個目は明後日に転卵を止めてみることにしてみる。
なんか生きているのかどうか不安だ・・温度と湿度は安定させてたが・・

孵化予定日付近に、ワクチン二度目の接種がある。
今日は散歩で、足がつってしまった。
とりあえず、接種までに、体調を整えておく。

645Z2342_DxO.jpg

彼岸花も、もうすぐ終わりだな・・
posted by 超画伯 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月24日

無いのと同じ

K_1N5732.jpg

体調不良だが、まぁ、それを言えば、いないのと同じ扱いを受けるのが世の中の常だろう。というか、異物に関しては、そのように扱われるというのは、時とともに気がついてくるものだ。

最近、定形発達脳というものに対して疑いを持っている。そもそも、学習障害も自閉症も、言ってみれば、只の個性にすぎないわけだが、平均値を超えると、昔からよく表現されているような、投石の対象になる。
人に対して投石というのは、群れの特権なのだろうと、最近は思うようになった。
日常、どんなに良い顔をしていても良い事を言っていても、ある場所で群れは、人に石を投げつけているのだ。その後、何もなかったかのように、良き人に戻るわけだ。
昔からあった出来事として、群れは力のある者には従うが、それを失えば、力を失った者に対して石を投げつける。集団でそれを行うことで、身を守ろうとするのだろうか?

個人的には、ぼくは話し相手を求めているのにすぎない、話の通じる人を捜し求めている。そのために、ステージを変えようとする。今いるところに、話し相手はどうやらいないようだ。
実のところ、世の中、誰も何も追い求めているわけでもないし、過去の誰かを追っていたり、自己投影しているだけだったりで、べつに何も捜し求めていない。群れにいる以上、それと同じでいることが第一の保身だろう。
その中でも、輝かせてください、そういう集団で守られているのがアカデミズムだよ。その名(過去のお偉方の羅列)の元に、異端は排除できるからね。まぁ、中世なんて、異端を排除することで、社会を思考停止させて、それこそ、少数の人間に石を投げつける、只の信心深い良き人によって維持してきたような社会だからね。だからこそ宗教を利用したわけで。そういうのは罪じゃないらしいから。
現代も、本質は変わっていないが、そういう事は無い事にするのは、めっぽう上手くなったという感じだ。

最近、ファッション発達障害というのがいるらしい。まぁ、只のミーハーなんだろうが、そういう心理でいられるならば、世の中にお仲間はいくらでもいる事だろう。
発達障害=才能なんて思ってたら、大きな間違いだよ。いくらそれを叫んだところで、才能なんか出てこないし、その中の数少ない才能ある人たちまで潰してしまう事を考えた方が良い。
別に、発達障害ではなくても、世の中から外れてしまった人たちは多くいるだろう。
実は、そういう人たちが群れとの戦いの中で、生存のために獲得した異なる価値観こそが、才能の正体なんだよ。

2021年09月23日

劣っているはずの人間

EOSL0044_DxO.jpg
どうやら、ぼくが愛想をしても意味がないらしい事は、周りの態度を見れば分かる。
つまるところ、ぼくが分からないということと他人が分からないということでは、意味が違うと捉えられているようだ。普通なら、分からないなら教えてあげようとか、そんな感じだが、ぼくに対しては、劣った人間が生意気なという態度すら見せる。どうやらぼくを許せない人間がいるようだ。大切な賞が汚されたとでもいういうような。そんな事は、とっくに気がついてはいるが、分からないふりをしている。
とりあえずだが、障害のあるぼくは、ある種の目線を通せば、劣っているはずなのだ。そういう態度をとる人間に対しては、以前から少々苛立ちは感じていたものの、仕方のないことだろうと流してきたものだ。
まぁ、つまらない人生なのだが、たからこそ、仕方なく、そうではないのだと物を作る。なんなら、そういうつまらない人間に対しては、絶望せざるをえないぐらいの力の差を見せても良いと思えてくる。そういう連中が見えない領域を、一応は見えるわけで、実のところ運でもなんでもなく、そういうのを実力というわけだ。
あと、そうしないと、どうしても分からない人間というものはいるようだ。実にあほくさい。ぼくが、仕方がないから作っているというのは、冗談で言っているわけではない。やはり、作らないで良い状況というものが一番素晴らしいのだ。そうなることが一番の幸せだ。それに、そういうものは、生への執着でしかないのだから。
ぼくという障害者がいるとして、それが動くことで、ある種の境遇にある人が救われる事があるとしたら、まだぼくという存在にも意味があろうというものだ。
勿論、そういう意味が喪失した世界こそが素晴らしいわけではあるが、今の世が異種のものを隔離しようとするならば、未だに草は分けていくしかないのだ。

2021年09月22日

化学反応か、電気信号か

K_5S9945_DxO.jpg

結局のところ、今写真などと言われているものは、感光材による化学反応やら、ダイオードが光を察知した電気信号みたいなものをとりあえず見えるような形にして写真と呼んでいるわけだが、その点に関しては、けっこうどうでもよい事だ。
とりあえず、写るということに関して、ああだこうだなんだろうけど、そもそもプロセスそのものがまったく異なるものを同じ名前で呼んでいるわけで、何らかの結論に至るものではなさそうだ。
とりあえず、それが錬金術の類だと思うのであれば、そこに問題は無いのかもしれないが、何らかの真理があって到達する結論があると思っているとするならば、それは一種の宗教みたいなものなんだろうな。
機械を通す前に、身体を通すというプロセスを体験しているとするならば、また違う考えにも至るというものだろう。
最終的に、ものを見るというのはそういうことだ。まぁ、見ているだけなのだ。
間に、写真という言葉、分別、シンボルを挟んでるだけで 。
posted by 超画伯 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2021年09月19日

こういうことばかりマメにやってる連中がいるよね・・こいつらが反日だろう

名称未設定.jpg
こういう広告が、今のタイミングで、やたらと貼られているわけだが、こういうところに宣伝費かけて、他人の芽を摘み取るやり方って、ほんま姑息だと思うし、ネット工作というんだろうなと思うわ。
そういうの気がつかない人も信じる人も多くいるわけで、ほんま害悪だと思う。
広告で陰謀論広めるとか、ほんといい加減にしてほしい。
何がどう良くなるか?という話ではなくて、悪の反日勢力が日本を潰すとかそういう話ばかり貼られているが、これの元こそが日本を潰す反日勢力でしょうが。
陰謀論以前に、こういうやり方を陰謀と言うんだよ。
気がついてなくて信じてる人も、いい加減こういうやり方が胡散臭いと気が付こう。どう考えても変でしょう。

名称未.jpg
何度も、広告の内容が不適切と申告しているのだが、何度でも貼られる。ぼくの他のサイトでも貼られまくっている始末。ウイルスかよ。
汚ねえ選挙活動だ。
posted by 超画伯 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月18日

オキナインコの有精卵が順調に細胞分裂中 あと、映画「さりゆくもの」

K_5S9930_DxO.jpg

予定通りならば、あと1週間ほどで転卵は中止であります。
途中で体力が無いため、体調不良になり、転卵が辛くなったため、自動転卵装置付き孵卵器に変更しておりました。
これで休めるはずですが、何かと忙しく、まだまだ休めない状況が続いております。

それとは関係ありませんが、今日は、大恩ある小口容子さんが岡山に来るので会いに行く予定です。
映画「さりゆくもの」という短編映画集に、監督で参加していて、その関係で、岡山メルパに来る予定となっております。
少々しんどいですが、頑張って行ってまいります。

行きましたので、以下に感想を書いております。
水曜日まで、岡山メルパで上映しておりますので、興味のある方は是非。

映画 短編集 さりゆくもの

posted by 超画伯 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2021年09月17日

疲れなのか、体調不良 布団の中で考える世の中の劣化とモンスター

PICT0005.jpg

ここ最近、頭痛が酷く、左手も痺れていて状態がよろしくない・・
やはり、一日に集中できる時間はせいぜい4〜5時間のようだ・・それ以外は寝込んでいる感じになる。
ただ、やることはやっているので、そのうち大きく動く予定ではある。

暇つぶしに写真論の本を初めて読んでみているが、あまり面白くない。断定句が多く、決めつけが多いので退屈だ。あまり、物事を考えていくような、脳を活性させるようなものではない。

現代の社会における表現というものは、新自由主義をベースにしすぎていると思う。それ自体は終わりを迎えると思うが、それに固執する表現者の多い事。その考えが、新自由主義の後押しをしてきたことは間違いのない事だが、過去の過ちというものは、認めて修正していく事で、社会は改善してきた。少なくとも中世のような生きにくい時代ではないが、まだ良いとも言えない。
ぼくは、その件に関しては、随分と苦労してきたので、言う資格はあると思う。

主に新自由主義の影響と思える点としては、不自然なまでのポジティブ思考などだろう。つまるところ、そうなれば、この社会には改善の余地は無いのだ。問題のないものを修正する必要があるだろうか?問題があるとすれば、おまえ自身の問題であり、社会そのものに悪い点は無いという雰囲気を醸し出している。まぁ、自己責任論というやつだ。しかし、世の中は事実存在する問題点であるネガティブな面を避けたがる。おそらくは、それを見たくない面々のモンスター的意見によるところもあるだろうが、長い目で見れば、それは良い事にはならない。ポジティブであったり、ほんわかしているものであっても、それは果たして倫理的に良い効果があると言えるだろうか?

2010年代以降からの、「日本すごい!」的思考によって、日本の社会がどれほど劣化したことか?
やろうとしたことといえば、歴史を見て、問題いを修正していくのではなく、歴史を修正して、それをポジティブな物に変換しようとしたこと。それが、劣化の元凶と言わずして何というのだろうか?PCですら、問題のあるプログラムを修正している。それが終われば、そのPCの安全性は終わりなわけだ。
怠けた人間或いは動物が後に報いを受けるような逸話は多くあるが、それを素で実践しているのが今の社会だろう。

posted by 超画伯 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月11日

オキナインコの卵 有精卵か?

K_5S9892_DxO.jpg
オキナインコの卵 有精卵?

オキナインコの卵に、何やら赤いものが見えます。普通に考えれば有精卵ということになるのでしょうが、まだ何とも分かりません。
果たしてどうなんでしょうね??
ここまで、けっこう頑張ったので、有精卵であってほしいですね。

以下のサイトで経過など詳しく書いております。

posted by 超画伯 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2021年09月10日

スナップはじめました

EOSL1808_DxO.jpg

CANON EOS R / RF 24-70mm F2.8 L IS USM

ここ数年、体調不良などでサボっていたのですが、やはり写真を続けるということで、スナップ写真ぐらいは撮らないといけないと思いました。
なんですが、暑い時期と寒い時期は減ると思います。弱いんで申し訳ありません。


スナップを撮っても使い道とかよく分からないんですが、ぼくの関心事項に自分で気がつければという自己探求でもあります。
なんか傾向が分かれば、こういうのも作品化出来るのかどうか?
気力があれば、その日のうちにアップ、とりあえず無理のない形でやっていきます。
posted by 超画伯 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2021年09月09日

やっとコロナのワクチン打ちました

予約が埋まって、なかなか打てなかったのですが、やっとコロナのワクチン打ちました。
先日の事ですが、今のところ普段と変わらずで、一つ言えば、打った肩が痛いという感じでしょうか?筋肉痛に近い痛みなのかな?動かさなければ痛くない感じです。あとは、やたらと興奮状態で、睡眠が短くなっているのと、作業したりしております。
病弱なのでどうかな?と思ったのですが、熱が出ることも無いですね。相性が悪くはなかったのでしょうか?
打つ前の対策としては、プロテインとビタミンを日常的に飲んでいたわけですが、これ、自閉症の対策でもあるから、普段からやってたんですよね。
で、学習障害はどうなったのか?というと、そこは改善が見られない感じです。
posted by 超画伯 at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記